料理やドリンク作りをするキッチン担当

キャバクラに遊びにくるお客さんが何を楽しみにしているかって、そりゃ女の子たちとおしゃべりすることを一番の目的にやってきているわけですよね。
でも、その女の子たちとのおしゃべりをストレスなく楽しめるのは、実はそこで提供される飲み物や食べ物のおかげだったりするんです。

お客さんはもちろん、キャストの女の子も口にするのが、お店のキッチンで作られた飲み物や食べ物。
それを作ることを任されているのが、キッチン担当者です。
仕事内容は、もう分かりますよね。
その飲み物や食べ物を作ることを全面的に任されています。

結構本格的な料理を提供するお店も増えてきているので、この仕事に就く人の仕事や役割もとても大きくなってきています。
それでも、最初からいきなり大層な料理を作らされることはありません。
盛り付けや食材の下ごしらえ的な仕事内容から教えられることになるでしょう。

慣れてくれば徐々に任される仕事も増えてきます。
1人で最初から最後まで作ることができるようになれば一人前。

その他、料理やドリンクに必要な買い出しなども任される仕事内容の一つとなりますし、それに関係した発注作業も任されるかもしれません。

意外と厚遇?調理経験者なら高収入も可

月給で28万円から32万円ほど、これがキッチン担当者の平均給料額です。
「思っていたよりも高い」と思った人も多いのではないでしょうか。
実は、調理を担当するスタッフは意外と優遇されているんです。

ボーイやホールと呼ばれるスタッフと同じくらいのお給料を渡しているお店も少なくないですし、お金を管理するキャッシャーよりも高いお給料のお店もたくさんあります。

平均給料額は最初に示したように30万円前後となりますが、もし調理経験があるのであれば、キャバクラで働くことが初めてだったとしても、プラス数万円の収入を得られるかもしれません。
もしくは、昇給するタイミングが調理未経験者と比べるとだいぶ早くなるでしょう。

日給制のお店だと、1万円ちょっとくらいの額が相場となっています。
でもそこまでお店ごとの差はなくて、1万円以下の日給のお店はほとんどないですね。
1万円以上は確実だと思っておいて問題ありません。

これもあまり多くはないんですが、時給制のキャバクラ店もちょこちょことあります。
時給制だと平均して1,200円ほど受け取ることができます。

キッチン担当者はアルバイトのように手軽に働けるイメージがありますが、キャバクラの場合には正社員での採用がほとんど。
その分しっかりと稼げますから、料理好きにはかなりメリットの大きなお仕事となるはずです。