レジを担当するのがキャッシャーです

キャバクラのキャッシャー の仕事内容は、ざっくりとまとめてしまうと、お店のレジの管理です。
つまり、お金の管理を任されるということですから、その責任はとても重いものになります。

でも、キャッシャーの仕事内容はこれだけではありません。
レジを開け閉めしていればそれでOKというわけではないんです。

お店に来たお客さんが初めての人だった場合、その人に対してお店のシステムの説明をしたりもします。
お客さんのコートや荷物などを預かるクロークの仕事もこなすことがありますし、伝票などに時間や人数、テーブル番号などを記載してボーイに渡したりもしなければいけません。

お客さんが帰る時には、もちろん精算作業も行います。
クレジットカードを預かった時にはそれをリーダーに通してチェックしますし、現金の場合にはお釣りをボーイに渡してお客さんの元へと届けてもらいます。

キャッシャーの基本的な仕事内容はこんなところですが、仕事に慣れて信頼されるようになると、キャバクラのキャストのお給料を計算して封筒に入れ分けたりなども任されることが出てくるでしょう。

気になる月給・日給・時給額は?

レジやお金を管理するという、とても重い責任を任されるキャバクラのキャッシャーのお仕事。
そのため、受け取れるお給料の額もとても高い傾向にあります。

まず、この仕事は、必ず月給制というわけではない点は押さえておきましょう。
社員として採用されれば月給制となりますが、体験入社期間は日給制であったり、時給制で雇っているお店もあるのです。
雇用形態は事前に確認しておいた方が良さそうですね。

平均給料は、月給制だと28万円くらいが相場。
30万円超えの求人も結構あります。
でも、20万円台前半の求人もちょこちょことあるので、平均給料を考えると28万円くらいに落ち着くでしょうね。

高いお店では30万円台の半ばのところもありますから、給与の額の差はお店ごとにかなり違うと言えます。
日給だと、10,000円から12,000円くらいが相場となりそうです。
時給だと、1,200円くらいですね。
この額でもガッツリと働けば30万円近くは稼げるので、全然安くはありません。

この仕事のお給料はキャバクラのボーイと同じくらいか、少し下がるくらいが相場です。
仕事内容を考えても、これは妥当な額。
もし簿記の資格を持っていたりレジ業務の経験があるのであれば、キャバクラでの勤務が未経験でも給与面で少し優遇してもらえるでしょう。